最新設備の導入

注意すべき点とは何か

マンションなどでリノベーションを行う場合には、構造的な部分、つまり鉄筋コンクリート造の耐震壁など地震が起きた時にその力を分担して支持する壁などはこれを動かせないものとして管理規約などに禁止事項として書かれているものです。 よってリノベーションを行う場合にはこれらを確認して、この部分には手を付けず、木造の隔壁のみこれを取り壊して間取りの変更や、浴室の広さの拡大などが出来るものです。 リノベーションできるのはあくまで専有部分だけであって共用部分はこれに手を付けることが出来ませんのでよく確かめるなど注意が必要です。 又、管理規約以外にも使用細則というものがあって細かく決められていることがあります。指定の業者にのみ依頼するとか、浴室は許可されないとか、水回りは動かせないとかの場合もありますから注意が必要です。

知っておくと良い情報とは

リノベーションは大々的にリフォームを行うというような意味合いがあります。 鉄筋コンクリート造の構造のものが多いと思われますが、遮音性能や防音性能に敏感という人にはアルミサッシではなくて樹脂サッシのほうが遮音や断熱性能が高いとされますので2重サッシとすることも出来ます。ガラスもペアガラスにするとより効果的となります。床暖房は浴室回りに施して、浴槽も断熱性能のあるジェット噴射付きのものを設置することで快適な生活が送れます。 アパートや団地、あるいはマンションにおいて構造が壁式構造といって柱の無い壁で支えるタイプのものがあります。 階数も比較的低層の場合が多く、高くても5階建て以下となりますが、この場合にはリノベーションは行えないと考えたほうが良いものです。